核酸研究……美容

鮭の白子からDNA,RNA核酸には美肌効果があります

核酸は美肌効果女性が一番早く老化を感じ取るのは、どうやらお肌のようです。若いうちは、20日間サイクル、500億位の皮膚細胞がアカとなって剥がれ落ちて新しく生まれ変わります。歳をとるにつれてちょっとした日焼けあとが、シミやシワとして残るのは、体内の核酸量の減少によるものです。日焼け(紫外線)によって傷ついた細胞は、若いうちは、丈夫な肝臓で核酸をたくさん合成できますが、年齢を経るごとに肝機能が衰え核酸を作る量が減り新陳代謝が落ちシミ、シワの原因になります。しかし、核酸を積極的にとれば、皮膚の老化を遅らせることができます。皮膚細胞は、とりわけ生まれ変わるのが早いところですからテキメンに分かって頂けるでしょう。コラーゲン、エラスチンなどの合成にも核酸が関与していて、肌との関わりは密接です。

既に核酸を配合した化粧品も開発されています。核酸原料の鮭の白子と人間皮膚の遺伝子は、紫外線の吸収波長が全く同じなので皮膚の表面に塗った核酸に紫外線が吸収され、皮膚はダメージを受けないで済むというわけです。また、塗った核酸は、一部肌から吸収され皮膚細胞の新陳代謝に利用されたり、肌の保湿、皮脂分泌コントロール効果もあります。口から核酸を、さらに肌からも核酸をとればいっそうの効果が期待できます。

 

鮭白子エキス(600mg)によるパネルテスト
合計223人(女性のみ)
内容
効果を感じた人数 (8)
10
(113)
20
(55)
30
(25)
40
(13)
50
(9)
60
(人)
シミが目立たなくなった 37 1 13 9 7 5 2 16
ニキビがなくなった 58 3 35 16 3 1 0 26
小じわが目立たなくなった 35 0 12 8 6 6 3 15
肌荒れがなくなった 116 3 56 31 14 8 4 52
柔らかく弾力のある肌となった 76 2 31 20 12 8 3 34
血色よくツヤツヤしてきた 84 2 39 22 10 8 3 37
肌がすべすべしてきた 97 3 48 26 11 5 4 43
化粧のノリが良い 125 4 58 33 15 11 4 56
疲れにくくなった 96 4 42 31 9 6 4 43
体力がついた 47 2 15 16 5 4 5 21
性欲が増した 4 0 1 1 1 1 0 2
二日酔いをしなくなった 31 1 18 5 5 2 0 13
便秘が解消した 102 3 55 27 10 5 2 45
白髪の根元が黒くなってきた 8 0 3 2 1 1 1 3
目覚めがさわやかである 94 7 40 26 9 7 5 42
よく寝られる(寝付きがよい) 131 7 69 29 13 6 7 58
尿の回数が増えた 102 6 54 23 10 6 3 33
胃腸の調子が良くなった 75 2 34 25 7 4 3 33
物忘れが少なくなり頭脳がさえてきた 16 0 8 3 2 2 1 7
(株)ジェットスキン調べ
トラブルスキン出ない人、白髪ではない人等を含めてテストを行っているため改善率は少なくなっています。トラブルを持った人たちの中では、高い改善率を示しています。
核酸でお肌が若返ります

 

鮭の白子からDNA,RNA核酸はダイエットサポートも行います

核酸とダイエット核酸の中でも特にプロタミンを含む鮭白子エキスには強力なダイエットサポート効果があります。鮭白子エキスには、高分子DNA核酸が30~40%含まれていて、残りの大部分はプロタミンという特殊なたんぱく質です。愛媛大学の奥田教授らの研究によるとプロタミンには、脂肪の消化吸収を抑える働きがあり動物実験でエサにプロタミンを混ぜて与えると明らかに肥満抑制効果があったといいます。また、核酸をとると全身の細胞分裂や脂肪の働きが活発になり基礎代謝量がアップします。実際、鮭白子エキスを毎日1gとっていたら平熱が36.2度から36.7に上がったと言う人がいたり、又、身長156cm、体重66kgだった女性が核酸を撮り続けて4ヶ月で12kg減量したという例もあります。脂肪の多い食事が好きだったり、基礎代謝低い人には、お勧めしたいものです。

鮭の白子からDNA,RNA驚異的な核酸の働き

  • 新陳代謝を即す
    1. 美顔・脱毛・精力増強に効果を発揮します。

      成人してからは増殖しない脳神経細胞などの特殊なものを除くとほとんどの細胞は新陳代謝で新しくなります。部位によっては、速いサイクル、例えば皮膚は20日、髪の毛は毎日50~60本、精子は3~10日、小腸は1日30g分が新たに生まれ変わります。ということは、核酸を補給し始めて最も速く効果が現れるのもこういう部位です。

  • 血流を良くする
    1. 冷え性・脳血栓・動脈硬化・心筋梗塞などの血流障害と非常に密接な関係があります。DNAやRNAの核酸を構成する成分の一つ、アデノシンという物質には強力な末梢血管拡張作用があり血流を増加させます。また胃腸の血流量も増加するので消化力もアップ。
  • 抗酸化作用
    1. 活性酸素から遺伝子を守るビタミンEよりも強い働きが核酸成分にあるため遺伝子の損傷を未然に防ぎます。老化やがん、白内障など活性酸素が原因の症状に効果的です。
  • ダイエット
    1. ダイエットに運動が欠かせないのは新陳代謝を活発にするためです。ですから新陳代謝を促す核酸をとれば必然的にダイエットできるというわけです。核酸に含まれるアデノシンという物質には糖の分解を。鮭の白子エキスを原料とする核酸食品にふくまれるプロタミンという塩基性タンパク質には脂肪の吸収を遅らせる働きがありますからダイエットには好都合です。
  • 痴呆症の防止、記憶力を良くする
    1. アルツハイマー型痴呆症は、活性酸素による脳細胞の減少により、リポフィスチンという物質が脳内に蓄積されることや脳内のRNAが減少する等が原因と考えられています。核酸は脳細胞を修復してリポフィスチンの増加を防ぐと考えられています。脳血管性の痴ほう症は、核酸成分のひとつアデノシンが末梢血管を拡張して血流を良くするので効果的です。